喪中は、おせち料理を食べてはいけない?

喪中におせち料理を食べていいの?いけないの?

喪中の時におせち料理ばかりでなく、お雑煮も食べていいのか迷ってしまいます。

 

周りから非常識と思われないためにも喪中の時のお正月の過ごし方を紹介します。

喪中は、おせち料理を食べていいの?

おせち料理の意味は、「お祝いの膳」と言われています。
そのため、喪中におせち料理を食べる事は控えましょう。

 

しかし、最近では四十九日を過ぎれば大丈夫という考え方が一般的になってきました。
四十九日をすぎれば、おせち料理を食べても問題ありません。

 

けれども、四十九日の間にお正月があると、どうしてもおせち料理は毎年の恒例でもあり食べたくなりますよね。
四十九日の間でも、おせち料理は食べることはできます。

 

その時には「祝いの膳」として食べるのではなく、重箱に入れないで普通のお皿で食べるようにしてください。
『重箱』には「めでたさを重ねる」といった意味が込められているからです。
祝箸もつかわないようにしましょう。

 

喪中の期間は、一般的に慶事は控え、殺生を行ってはいけないとされています。
しかし、この考え方は宗派によって違います。

 

浄土真宗やキリスト教には喪中は存在しません。
殺生を行ってはいけない期間は正しくは喪中ではなく四十九日の忌中までです。

 

しかし、現実では忌中でも普通に肉や魚を食しています。
つまりは、人それぞれの気持ちの持ちようということです。
おせちを喪中に食することに迷っているのなら「おめでたい」意味をもつ食材だけでも外してみたらどうでしょう。

 

■おめでたい食材
黒豆・数の子・田作り・たたきごぼう・紅白かまぼこ・伊達巻・くりきんとん・お多福豆 等

 

焼き肴の尾頭付きの鯛
紅白なますや昆布巻きも「喜ぶ」を連想させます。

喪中の間は、お雑煮を食べてはいけない?

お雑煮もおせち料理と同じで「祝いの食事」になります。
しかし、考え方はおせち料理と同じで、「祝いの食事」として食べなければ問題はありません。

喪中の時のお正月飾りはどうしたらいいの?

前述の、おせち料理、お雑煮と考え方は同じで「お祝い」にあたる事はやめましょう。
四十九日の間は絶対と言っていいほど、控えたほうがよいでしょう。

 

しかし、外から見える門松やしめ縄飾りなどは、無理ですが、家の中で小さなお正月飾りを置くことは大丈夫です。
これも程度問題ですので、あまりお祝いムードを出さない飾りにとどめておきます。

 

喪中におせち料理を食べていいの?いけないの?失敗しない2019年のおせち選びは高島屋オンラインストア

 

喪中の時に、お年玉はあげなくていいの?

葬式でもお金を使い、お年玉でも出費がかさむのであげたくない。と不謹慎な考えはもっていないと思いますが、
お年玉の起源は、神様のお下がりを分け与えるというものです。

 

決してお祝いの行事ではないので、お年玉は例年通りあげても問題はありません。
けれども、ポチ袋は紅白などのお祝いムードは避けた方がいいでしょう。

 

気になるのであれば、「お年玉」ではなく「お小遣い」と名前を変えてみてはどうでしょうか。

喪中の時のお正月の挨拶はどうしたらいいの?

新年の挨拶では「おめでとう」という言葉は慎みます。
相手から「おめでとう」と言われた時には「こんにちは」や「おはようございます」と普段と同じ挨拶を返します。

 

喪中の時に「新年おめでとうございます」という年賀状を控えるのと同じ考えです。

 

おせち通販 2019年:TOPページ