個包装おせち

個包装おせちは、紀文のおせちが有名です。

紀文おせちは、冷蔵おせちの生詰めおせちと、個別パックの個包装おせちの2種類があります。

紀文個包装おせち

2019年紀文の個包装おせちは3種類です。

 

個包装おせち

 

詳細は下記の商品名をクリックしてください。

 

◆檜扇   ◆初扇   ◆祝扇

おせち個別パック早期割引価格(10月25日まで)

  • 祝扇 26,460円(税込)⇒23,814円(税込)
  • 初扇 21,600円(税込)⇒19,440円(税込)
  • 檜扇 14,688円(税込)⇒13,219円(税込)

 

個包装おせち以外の紀文の冷蔵おせち(生おせち)は、紀文おせち特集サイトからご覧下さい。

 

個包装おせち紀文おせち特集サイト

 

彩りよく盛り付けられた本格的伝統おせちや、

 

おじいちゃん、おばあちゃんなど咀嚼弱くなった方でも、美味しく食べられる、
やわらかく仕上げたおせちも用意されています。

 

塩分控えめ、甘さ控えめで体にやさしいおせちです。

 

個包装おせちについて

個包装おせちとは、おせちの食材一つ一つが
個別に包装されているおせちのことです。

 

個別にパックされているために、
盛り付けるのは自分で盛り付けます。

 

個包装おせち

メリット

  • 個包装されているため、料理の風味と味わいが大切にされ匂いなどが移ることがありません。
  • 盛り付けを楽しめる。お子様と一緒に盛り付けると食育にもなります。
  • 食べたいときに、食べたいものだけ出して使えます。

個包装の場合は、盛り付けおせちと比べると、衛生面では最も優れていると言えます。

 

冷蔵おせち、冷凍おせちとも、盛り付けの場合は必ず空気に触れているわけですから、
冷蔵おせちは品質の劣化が早く、冷凍の場合は冷凍やけが起こることもあります。

 

その点、個包装おせちならこれらの問題点を気にする必要はありません。
個包装の優れているのは鮮度はもちろんですが、素材の食感や味が良いことです。

 

冷凍おせちが苦手な人が、安心はもちろん美味しさを求めると、
結果的に個包装おせちに決めたという人がほとんどです。

 

個包装おせちは、盛り付け方でオードブルとしても楽しめることができます。

個包装おせち

デメリット

  • 面倒

 

通販でおせちを購入する人は、手間が省けるというのが、大きな魅力なのですが、
個包装おせちを購入する人は、面倒ではありますが盛り付けだけは自分の手でアレンジしてみたいという人が多いです。

 

個包装おせちは一度開封したら、すぐに食べない場合は、
家庭で調理した料理と同じでラップをして冷蔵庫で保存し、できるだけ早く食べるようにして下さい。

 

個包装してあるので、未開封なら長く持つと思われがちですが、美味しくいただけるのは1月3日までと紀文は謳っています。

 

おせち通販 2019年:TOPページ