もせち(喪中用おせち)

喪中用のおせち料理が発売されました。

  • 浄土真宗やキリスト教には喪中は存在しません。
  • 以外でも、四十九日を過ぎれば大丈夫。
  • 重箱に入れないで普通のお皿で食べれば四十九日の間でも、おせち料理は食べることはできます。
  • 詳しくはこちらで説明しています。

喪中おせち喪中におせち料理を食べていいの?いけないの?

 

仏事料理専門店の三徳庵(さんとくあん)が喪中用のおせち料理を発売しました。
喪中のお正月を迎える方に亡き人との深い絆を偲び、想いをあらたにする新年がむかえられるようにと、開発されました。

 

法事でふるまわれる「お斎(おとき)」を正月用にしあげたもので、新鮮な野菜を使用し、
食感や味付けを現代人の口にあうように工夫がされています。

 

三徳庵は、ご法要やご葬儀、お通夜など、お偲び事にまつわるお料理をお出しする専門店です。

三徳庵の名の由来

”禅”の教えの中に料理を作る際の極意
「喜心」「老心」「大心」
の三つの心が三徳庵の名前の由来です。

「もせち」は3種類あります。

もせち,喪中用おせち

■絆(きずな)

税込価格 21,000円
4〜5名様用  箱サイズ 35×35p

 

御献立
カニ爪一夜干し、蓮の実蜜煮、ぶどう豆、金柑、鰆柚庵焼、若竹丸十、蛸やわらか煮、鳴門金時蜜煮、松茸旨煮、甘鯛西京焼、公魚かりん糖、萄無、海老艶煮、床節旨煮、穂付筍の子、百合根甘露煮、帆立貝火取り、合鴨ロース燻製、鶏照焼、祇園坊、柚子窯(竜飛巻、生酢)、京芋蓮の花、福佐焼、いくら醤油漬け、栗渋皮煮、等

 

もせち,喪中用おせち

■想(おもい)

税込み価格 10,500円
2〜3名様用  箱サイズ 28×28p
御献立
祇園坊、金柑、栗渋煮、いくら醤油着け、海老艶煮、六方小芋、蓮の実蜜煮、若竹丸十、ぶどう豆、蛸やわらか煮、柚子窯(南蛮漬け)、笹麩、帆立貝火取り、合鴨ロース燻製、鳴門金時蜜煮、鶏照焼、かに爪一夜干し、鰆柚庵焼、萄無、京芋蓮の花、等

 

もせち,喪中用おせち

■本もせち

税込み
税込価格 52,500円
4〜5名様用  箱サイズ 35×35p

 

予約はホームページから
http://www.santokuan.jp/mosethi/index.html

 

フリーダイヤル
0120−63−0149

 

法要豆知識

仏教

 

■初七日法要
本来は、亡くなられた日から換算して7日目に行う最初の」方用ですが、親族が遠方から集まるのも
大変なため、最近ではご葬儀当日に初七日法要も営む方が多くなりました。
僧侶に読経をお願いし、読経が終わったら、集まった人で焼香をして茶菓や精進料理で御もてなしします。

 

■四十九日法要
四十九日がすむと忌明けしますが、忌明けが済むまでは結婚式などの
御祝い事への出席は控えるようにします。

 

四十九日法要は四十九日を迎える直前の日曜日に営まれることが多いです。
親族に集まってもらい、僧侶に法要をお願いし、
喪主が忌明けのあいさつと、参列者を会食などで接待をします。

 

■年忌法要
御寺で行う場合や自宅で行う場合があります。
一ヶ月前以上には参列者には連絡をし、お墓を掃除しておきます。
僧侶の法要のあと、参列者におもてなしをします。

 

おせち通販 2019年:TOPページ