夏に冷えた夏おせちを食べるのは新しいトレンド!?

夏おせち

恵方巻きの太巻きのように、一大イベントとして育てようと、業界が夏に食べるおせちとして「夏おせち」の普及に力をいれています。

 

「夏おせち」のコンセプトとしては、お盆に帰省してくる家族と一緒に食べるというもので。

 

お盆前に予約を受け付けお盆に提供します。

 

「夏おせち」の最初の仕掛け人は、2012年に兵庫県加西市にある食品会社「本陣」が「夏おせち(生)」として、

 

販売を始めたのが始まりだと言われています。

 

この時は、お客からお盆で来客が増えるので、夏にも豪華なおせちのような料理を作って欲しいと頼まれたのが始まりだといわれています。

 

しかし、本陣が夏おせちを販売する1年前の2011年にセブンイレブンが夏おせちを出しているので、

 

正確にはセブンイレブンが最初の仕掛け人といえるでしょう。(今は販売していません)

 

次には京都の佃煮・惣菜の老舗である野村佃煮「京のむら」が2013年に「夏おせち」を販売しています。

 

2016年6月には、イオンが「夏おせち」のお披露目会を開き販売を始めています。。

 

イオンでは夏おせちを「NATSU O SECHI」という名称で広げようとしています。

 

2017年には、東京・台東区の百貨にも「夏おせち」が登場しました。

 

業者の狙い通り、少しづつ「夏おせち」が定番として浸透しつつあります。

 

確かに帰省して家族が集まった時に食卓に「夏おせち」がドーンと乗っていると豪華ですよね。

 

夏のおせちというと、食中毒が心配ですが、どこも消費期限を短くすることで対応しているようです。

 

冷凍ではなく冷蔵ということも食べやすい事から、受け入れられやすくなっています。
(野村佃煮の夏おせちは冷凍です)

 

 

考えてみれば、冬に冷たいおせちを食べるよりも、夏に冷えたおせちを食べた方が美味しそうですよね。

 

はたして「夏おせち」は新たなブームをつくり出すことができるでしょうか?

 

夏おせちの種類

イオンの夏おせち「NATSU O SECHI」は、5800円から15800円(いずれも税抜)で全6品あります。

 

見た目は洋風おせちという感じですね。

夏おせち

野村佃煮の夏おせちは5400円(税込み)1種類です。

夏おせち

百貨店、デパートなどでは、新鮮な海の幸の刺し身や生エビなどが入ったり、夏の食材であるハモがふんだんに取りいれられています。

 

家族で集まると、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、孫達を入れるとかなりの大人数になります。

 

その際にはお酒を飲む家族もいるでしょう。

 

そんな場面を想定しておつまみ感覚で楽しめる食材もはいっていることが心憎いです。

 

おせち通販 2020年:TOPページ